ヘルプ

基本的な使い方

乗車地の住所やランドマーク(空港や駅名など)を乗車地ボックスに入力し、降車地を降車地ボックスに入力します。 次に、タクシーに乗車する時間と高速道路と有料道路の使用条件を設定し、Enter キーを押すか、[検索] ボタンをクリックすると、Google Maps APIで取得した経路情報と該当地域のタクシー運賃などを使い、指定した区間・条件でタクシー料金を計算して表示します。

位置情報に対応したブラウザの場合、乗車地(又は降車地)に「現在地」と入力すると、Geolocation API を使用して現在地付近を設定します。

乗車地(又は降車地)に日本国内の住所や駅名を入力した場合は、ほとんど場所を見つけることができますが、観光地の名称などでは見つからない場合もあります。


検索結果ページ

その地域で使われている可能性が高い車種別に料金を表示します。また、料金を計算する際に使用した経路情報も参考として表示されます。

結果ページのURLを短縮URLで取得することもできますし、結果をそのままtwitterに投稿することも出来ますので、twitterを通して友人・知人などに対して相乗り募集をすることも可能です。


スマートフォン版について

一部のページを除いて、スマートフォン(現在はiPhone, Androidに対応)でtaxidecoにアクセスすると、スマートフォンに最適化されたtaxidecoを表示します。

taxideco(PC版) taxideco(スマートフォン版)


ブログパーツについて

ブログやホームページから簡単にタクシー料金検索が使えるようになるブログパーツです。詳しくは ブログパーツ の紹介ページをご覧下さい。


使用しているデータ及びWebサービス

[乗車地・降車地]
乗車地・降車地の検索では、Google Maps APIの他、入力された値によって以下のWebサービスを使用しています。

  • Yahoo! Open Local Platform
  • 楽天 ウェブサービス (楽天トラベル、楽天GORA)

上記のWebサービスを使用した結果を表示している場合は、ページ内(PCなら右側、スマートフォンなら左)に規約に記載されているクレジット表示し、APIを利用していることを示しています。

[駅データ]
「最寄り駅からゴルフ場までのタクシー料金」では、コードプラス様の駅データを使用しています。
駅データ.jp : http://www.ekidata.jp/


ロゴデザイン

ロゴなどのデザイン・制作はLiruu(リールー)様にご協力いただいております。
Liruu : http://liruu.com/

ホーム